酒袋バッグ

0511-10.jpg

骨董市で買ったという”酒袋バッグ”をもらいました。
縦18cmx横18cmの小さなサイズです。

骨董市では酒袋(さけぶくろ 又は" さかぶくろ と読みます)の布やバッグが売っていますが
いったい”酒袋”ってなんなのかと思い調べてみました。

酒袋とは、酒を絞る時に使われていた綿の布です。
手織の木綿に柿渋(かきしぶ)を塗って布を丈夫にし、防水剤や防腐剤等の役もしてくれる
すぐれたものです。

お酒を絞るときに何度も酒袋を使うことによって、色合いやカスリ具合のある生地が魅力
になり、酒袋を使ったかばんや小物が人気がでています。

骨董市では、製品だけでなく酒袋として使っていた布もありました。
かばんを作っている方に聞いてみたら、生地が厚くて丈夫なので
作っているとき「ミシンがよく壊れちゃうんだよね。」と言っていました。




0511-1.jpg 0511-4.jpg

バッグの内布は味わいある、手ぬぐい。
けっこう、凝ってます。
蓋を開けたときも楽しいバッグ♪

0511-3.jpg 0511.jpg

表に、ちらりと見える内布と同じ手ぬぐい生地。
ちょっとしたところがオシャレです。
さすがです。

スポンサーサイト

2010/05/18 22:20 | 骨董市COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

これはこれは面白い鞄だね!
しかし酒袋ってTAMAちゃんにぴったり  笑
やはり酒にご縁がありますなっ(^^)

No:164 2010/05/22 23:09 | Colorful8nch #- URL編集 ]

Colorful8nchさま

なかなか良い色でしょ^^
物の意味を知ると面白いよね♪
味わい深くて。

No:165 2010/05/23 17:22 | てくてく洋裁店 #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |